コラム

2021.01.20

ビニルクロスのお手入れ方法と張替えのタイミング

私たちは、一日の大部分の時間を居室や寝室、又は仕事場で過ごします。
そうした部屋の内装には、多くの場合クロスと塗装が施されていることでしょう。


現在、クロスと称されている内装仕上げ材のほとんどはビニルクロスに分類されますが
色やデザインなど多様なパターンがあり、消臭、抗菌、防カビ、防汚などの
特化した機能を持つビニルクロスも各メーカーで数多く生産されています。

施工が比較的かんたんで、量産性に優れて低価格なため
壁面や天井面の仕上げの主役として、いまや広く普及している建材です。


表面仕上げの程度にもよりますが、空調機の吹き出し口や換気グリルまわりのビニルクロスは
ホコリや油などの汚れがつきやすいものです。
水を固く絞ったぞうきんでふき取ると、ほとんどの汚れは取れます。
また、落ちにくいものには、中性洗剤を使って落としますが
洗剤は完全に拭き取り、空拭きも必要とします。黄ばみや変色の原因になるからです。


使用していくうちに、だんだんと使用感を帯びてくるのは自然なことで
はじめは見えなかった継目が目立ってくるようにもなります。
そうなるといっそう汚れが溜まりやすく、目立ちやすくなりますので
念入りなお手入れよりも、張替の目安ととることが一般的とされています。

 

埼玉県越谷市の株式会社インテリアSASAKIはオフィス・店舗~一般住宅までの幅広く内装仕上げ工事を行っております。
防音や床暖房対応、一部の工場など幅広く対応しております。
また、DIY資材の販売もオンラインショップにて販売しておりますので、お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちらから





2020.12.18

インテリアの「ニオイ対策」消臭系機能建材の種類について

内装仕上げ工事は、材料によっていろいろな機能がありますので
快適な室内環境を作るには、使いかたと選び方をしっかりと検討しておきたいものです。


もっとも多い要望に、ニオイとキズへの対策があります。
近年、犬や猫などのペットも、室内で一緒に暮らす傾向が増えており
壁や天井など、内装の各所に消臭機能を持つ建材を使うことで
ニオイを大幅におさえることもできます。


ここでは、消臭機能に特化した主成分をとりあげて、その特徴を見ていくことにします。
すこし難しい成分の名前ですが、聞いたことがあるものもあるかもしれません。
消臭機能の多くが「多孔質」であったり、「光触媒」の作用なのですが
とくに光触媒は、光によって化学反応を起こす作用で
防汚性、耐候性、抗菌性に優れ、カーコーティングや塗装などあらゆるところで登場し近年、注目を集める作用です。


【ゼオライト系】
多孔質な天然鉱物ゼオライトによって、ニオイを吸着します。
酸化チタンと合わせて用いれば、光触媒作用によって有害物質やニオイを分解します。


【アパタイト+二酸化チタン】
多孔質なアパタイトによって、吸着したニオイを光触媒二酸化チタンで分解します。


【アナターゼ型二酸化チタン】
二酸化チタンの光触媒効果で紫外線によってニオイを分解します。


【備長炭】
多孔質であることによって吸着するのと、化学反応による吸着の相乗効果で
消臭効果を発揮します。


【珪藻土系】
多孔質な珪藻土によって、ニオイのもとを吸着します。


埼玉県越谷市の株式会社インテリアSASAKIはオフィス・店舗から一般住宅までの幅広く内装仕上げ工事を行っております。
防音や床暖房対応、一部の工場など幅広く対応しております。
また、DIY資材の販売もオンラインショップにて販売しておりますので、お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちらから

2020.11.20

繊維の種類とパイル糸の形状でグレードが決まる「カーペット」の選び方

カーペットは繊維製の床敷物で、素材の持つ性質は
触感が柔らかく、保温性と防音性に優れています。
素材のマイナス面を補うために、防炎、防汚、防虫などの
さまざまな機能を付加した商品も各メーカーから生産されています。


使用される繊維は、おもに天然繊維のウールと
化学繊維のナイロン、ポリエステル、アクリル、ポチプロピレンなどで素材によって特徴が異なります。


それでは、素材別の特徴をまとめましたので、見ていきましょう。
カーペットを選ぶ際の参考にしてみてください。

1、ウール
足触りの良さ  ☆☆☆
へたりにくさ  ☆☆
遊び毛や毛玉  ☆
汚れにくさ   ☆☆
保温性、断熱性 ☆☆☆ 

 

2、アクリル
足触りの良さ  ☆☆☆
へたりにくさ  ☆
遊び毛や毛玉  ☆
汚れにくさ   ☆
保温性、断熱性 ☆☆


3、ナイロン
足触りの良さ  ☆☆
へたりにくさ  ☆☆☆
遊び毛や毛玉  ☆☆☆
汚れにくさ   ☆
保温性、断熱性 ☆


4、ポリプロピレン
足触りの良さ  ☆
へたりにくさ  ☆
遊び毛や毛玉  ☆☆☆
汚れにくさ   ☆☆
保温性、断熱性 ☆

5、ポリエステル
足触りの良さ  ☆☆
へたりにくさ  ☆
遊び毛や毛玉  ☆☆
汚れにくさ   ☆☆
保温性、断熱性 ☆

 

埼玉県越谷市の株式会社インテリアSASAKIはオフィス・店舗から一般住宅までの幅広く内装仕上げ工事を行っております。
防音や床暖房対応、一部の工場など幅広く対応しております。
また、DIY資材の販売もオンラインショップにて販売しておりますので、お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちらから。

2020.10.20

誰でも簡単にできるフローリングのDIY!床暖房保温効果、ペット対策も!

今は様々なフローリング用の床材が販売されています。
衝撃を抑える防音性の高いもの、汚れがつきにくいもの、臭いがつきにくいもの、保温性を高めてくれるものなど。

目的に合わせてタイルやカッティングシートを使用すれば、大きなリフォームやリノベーションをしなくても理想的な状態にすることができます。

 

例えばペットを飼っている方。
ペットの抜け毛や臭いが気になる方もいるでしょう。

そんな時は表面がツルツルしたポリウレタン素材のビニール床材がお勧めです。
ウェットティッシュや雑巾などで簡単に拭くことが出来、ペットの臭いや抜け毛を簡単に取り除く事が出来ます。

 

そして床暖房の保温性をできるだけ維持したいなら、はがせるタイプのヴィンテージフロアシートなどがお勧め。
耐熱性に優れていて、床暖房の温度に影響を受けることはありません。
ヴィンテージフロアシートは耐熱温度が70度程度といわれていますから、床暖房の温度をMAXにしても全く問題ないでしょう。

 

このように目的に合わせて床に敷く素材を選択すると理想的な効果が得られます。
そして、もし市販のものでうまくいかないようでしたら、インテリアSASAKIにご相談ください。

 

埼玉県越谷市の株式会社インテリアSASAKIはオフィス・店舗~一般住宅までの幅広く内装仕上げ工事を行っております。
防音や床暖房対応、一部の工場など幅広く対応しております。
また、DIY資材の販売もオンラインショップにて販売しておりますので、お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちらから

2020.09.18

防音対策は誰でも簡単にできます!手入れがラクな内装材とは?

・お家の2階で楽器を演奏する時に1階に音が響かないか心配
・子供が騒いで外部への音漏れが心配
・家でダンスをよくするので音が響かないか心配

こういったお考えの方はタイルカーペットなどを使用して内装を補強し、防音効果を高めましょう。

 

市販されているクッション性のあるタイルやシートがありますので、そういったものを敷いてからカーペットなどを敷けば、音を軽減できます。

接着剤や施工が不要で、置敷きタイプの衝撃音軽減素材があるので、どなたでも簡単に設置することができます。

 

そしてあたかも本物のような質感やデザインの緩衝材がありますので、フローリングに違和感なく敷くことができます。
これならアパートやマンションなどの賃貸住宅でも施工せず簡単に使用することができます。

そして裏面には滑り止めが付いていて、衝撃に強く、その上で子供が走ったり、ダンスをしてもずれることがありません。

 

お手入れも表面を簡単に拭き取るだけで良いので、ほこり、ゴミなどを簡単に除去できます。

そして表面がポリウレタンUVコーティングになっていて、ジュースなどをこぼしても、そのままですぐに拭き取ることができる素材があります。
防水性にも優れたこういった素材を使って防音対策すると良いでしょう。

衝撃に強い防音素材をインテリアSASAKIでも数多く取り扱っているので、ぜひチェックしてみてください。

 

埼玉県越谷市の株式会社インテリアSASAKIはオフィス・店舗~一般住宅までの幅広く内装仕上げ工事を行っております。
また、DIY資材の販売もオンラインショップにて販売しておりますので、お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちらから